トイレの水漏れの原因とその対処法

トイレ 水漏れを発見したら早急に対応しましょう。大量の水が溢れてきている場合は、当然すぐに業者を呼びます。判断が難しいのは便器や配管に結露が起きていて、その水滴が水漏れと見間違う場合です。トイレ内の換気をして乾燥させてよく観察してみる必要があります。湿気の多い時にだけ見られるのであれば結露を疑ってみます。乾燥していてもどこかが濡れるようであれば水漏れが起きている可能性が高いです。プロの業者を呼んで原因を確かめてもらいます。

■パイプからの水漏れ

パイプからの水漏れであれば配管工事のみで済みます。管の劣化が原因であれば管を新品に取り替える工事になります。パイプとパイプのつなぎ目からの漏れであればジョイント部の緩みかパッキンなどの劣化が原因です。緩みを締めるだけで解決する場合もあります。パッキンの劣化であればパッキンを交換します。この場合サイズの間違いには注意します。ちょうど良いサイズのものを使用しないと漏れは収まりません。
また、注意が必要なのは見えないところの水漏れです。床下の配管からの水漏れは見えないので気がつきにくいです。時々水回りの床下を覗いて確認することも必要です。

■タンクからの水漏れ

タンクからの水漏れであればタンクを新調する必要があります。タンクのみを新調するのもいいですが、思い切って便器も一緒に新調する選択もあります。同じ陶器の素材で便器も出来ているのでタンクが劣化しているということは、便器も同じように劣化している可能性があります。
また、タンクレスの便器にする選択もあります。タンクがなくなることで空間が広がるメリットがあります。タンクに付随した手洗い管もなくなり掃除や手入れが以前より楽になります。

■まとめ
老朽化に伴う便器や配管の劣化によるトイレ 水漏れは古いトイレにはつきものです。最小限の修理に留めるのかちょっと奮発してトイレを新調するのか将来的な視点で決めるといいでしょう。業者の意見を参考にして検討してみてはいかがでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ