ウォシュレットの水漏れは簡単に直るトイレのトラブルひとつです

世界にはない日本の便器の特徴といえばウォシュレットでしょう。今では世界のセレブも関心を持ち自宅のたくさんあるトイレをウォシュレットに変えるほどです。
繊細な部品で出来ている設備なので水漏れなどのトラブルが起こることもあります。その多くはお尻洗浄ノズルのところです。ノズル自体が細いのでとても繊細です。取扱説明書にはしっかり定期的に清掃するよう書かれています。メンテナンスの不十分さが原因でのトラブルも少なくありません。

■トイレ掃除の際は同時にノズルも

便器や便座などの掃除は大方定期的に行われているところがほとんどです。その際にお尻洗浄ノズルも清掃しましょう。繊細な細い部品ですが、掃除方法は難しくありません。ノズルを引っ張り出しきれいにふき取るだけです。
便器や便座と違って直に手を使ってつまみ出さなければならないことに抵抗感があるのか頻繁にはお手入れされないことが多いです。しかし、汚れ自体は便器や便座よりもひどくありません。清掃頻度を少なくしてしまうため、いざ掃除をする際に汚れがひどくなっていて汚いイメージが増長されているに過ぎません。
ぜひ、トイレ掃除と同じタイミングでノズルも掃除してくおきます。そうすればウォシュレット 水漏れトラブルが少なくなります。

■お尻洗浄時の注意点

お尻を清潔に保つことにウォシュレットが貢献してきたことは紛れもない事実です。ただし、使い方を誤るとせっかくの機能が台無しになります。
まずは、必要以上に洗浄時間を長くしないことです。お尻を水で洗い流すウォシュレットですが、必要以上に洗浄水をかける人がいます。肛門を清潔に保つことは痔などの疾患予防になりますが、過剰な洗浄は粘膜を傷めてしまいます。適度な洗浄を心がけましょう。
また洗浄水の温度にも気をつけましょう。肛門はデリケートです。熱い洗浄水は粘膜に強い刺激を与えてしまいます。また、冷たい水は肛門の血行を悪くし、痔などの原因になります。人肌で優しい温度設定を保ちましょう。

■まとめ
日本の便器の代名詞とも言うべきウォシュレットですが、せっかくの機能を適正に使用できていない人がいます。ノズルの清掃を定期的に行い、適切な使用方法をすればこれほど良い機能はありません。ウォシュレット 水漏れを起こさないよう上手に長く使いたいものです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ